在宅SEの夫婦でダイエットブログ

アラサーの在宅SEが夫婦で無理のないダイエットに挑戦。

Twitterもしています。 良かったら見に来てください。

こんにちは。

kken(@kken_0525)です。

以下が昨日の夫婦の体重です。
自分の体重が前日より700gも増えたのが不思議で仕方ない。

昨日は疲れすぎたので、寝落ちしました。
今日まとめて2つ投稿しようと思います。

そろそろ花粉症が辛い。

IMG_20210222_074115

1613947101466


前回の「来談者中心療法」ではなく今回は「指示的療法」というカウンセリング技法を勉強しました。

「指示的療法」とは、カウンセラーがクライアントについて多くの客観的な資料(誰が採点しても変わらない心理検査)や個人的資料を集め、さらに面接によって得た内容に基づいてクライアントが悩んでいる問題に対して適切な指導、助言を与える療法です。
それによって適応できるようにします。


提唱者のウィリアムソンはこの技法について、以下の5つを挙げています。
  1. 適応の要請
  2. 環境の変容
  3. 適正環境の選択
  4. 必要な技術の習得
  5. 態度の変化

1つ目ですが、クライアントに対して今ある環境に妥協し適応するように要請あるいは強制することです。 

妥協させるというのが難しそうですが、高望みはやめて分相応に現状を受け入れてもらうということなんでしょうね。


2つ目ですが、問題の原因が環境にある場合。その環境を変えるように指示することです。

例えば、子どもの非行に対して親の態度が問題の場合、親のしつけ方を改めさせるなどです。


3つ目ですが、環境を全面的に改めるのではなく、適正な部分だけを選択させ必要な科目だけを集中的に学習させることです。

得意分野を伸ばすということなんですかね。

4つ目ですが、正しい適応をするために必要な技術(協調性や社交性)を学習させることです。


5つ目ですが、クライアント自体の態度を変えて適正な行動ができるようにすることです。 


不適切な場所への出入りや生活時間を分析して、問題があれば改めます。


これらを見ると、「来談者中心療法」は傾聴・助言・アドバイスといったニュアンスが強いですが、こちらは教育・指導といったニュアンスが強いですね。

おそらく来談者(クライアント)に応じて手法を色々変えたりしてるんでしょうね。


--------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してみました。
情報の展開や共有ができたらいいなと思います。
良かったらクリックしてみてください。
     にほんブログ村 ダイエットブログへ
ダイエットランキング   にほんブログ村
--------------------------------------------------------------------------------

こんばんは。

kken(@kken_0525)です。

以下が今日の夫婦の体重です。

今日は今週の夫婦の体重の推移も載せます。
妻の体重が減少傾向に...

IMG_20210221_094152
beslim

1613868045697
1613913959804


今日は以前の記事でも書きましたが、以前買ったティファールのクックフォーミー3Lを使って妻が私のために作り置きを作ってくれました。

今日のラインナップは以下です。
■かぶと油揚げの煮物
IMG_20210221_202023


余談ですが、かぶがネットスーパーで欠品となっていて、近所の小さなスーパーに行ってみたら偶然売っており、歓喜しました。
IMG_20210221_181557



■タコとオリーブのトマト煮
IMG_20210221_202037


■豆腐のチゲ風スープ
IMG_20210221_202055

これも余談ですが、「豆腐のスンドゥブチゲ」みたいな表現をたまに見ますが、「スンドゥブ」は「純豆腐」って意味らしいですよ!


■白身魚のカレー風味ソテー
IMG_20210221_213646


妻いわく、フライパンで炒める作業がないことや圧力調理や加熱調理を勝手にしてくれるから、楽とのことでした。

こういう楽はどんどん追求していって行きたいですね!味が美味しければ手間はどんどん省くべきですよね。


--------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してみました。
情報の展開や共有ができたらいいなと思います。
良かったらクリックしてみてください。
     にほんブログ村 ダイエットブログへ
ダイエットランキング   にほんブログ村
--------------------------------------------------------------------------------

こんばんは。

kken(@kken_0525)です。

以下が今日の夫婦の体重です。

IMG_20210220_093940

1613780591577


今日は以下のためになりそうな記事を見ました。
女性セブンで以下のような感じでランキングを作ったそうです。
医師・栄養士200人への匿名アンケートを実施。「絶対に食べたくない超加工食品」と感じる順番に3つ回答してもらい、食べたくないものから3点、2点、1点をつけて計上した。それを元に編集部でランキングを作成した。

※1位~4位、6位、10位だけしか載ってなかったため、一部はわかりませんでした。

1位.即席麺全般

1位はインスタントラーメン全般みたいですね。
確かに安いし楽だし美味しいので良いですが、身体に無茶苦茶悪いですよね。
栄養なんて一切ないですし。添加物もあると思いますし。
我が家では当然NGですね。そもそも即席じゃないラーメンもダイエット中は禁止にしています。

2位.ハンバーガー全般

これは予測ですが、ハンバーガーのサイドメニューも込みな感じがします。
ハンバーガーは確かに糖質も脂質も多そうですが、むしろサイドメニューのポテトとかジュースがくっついてくるのがより問題だから、のような気がします。
これらって糖質のかたまりだと思うので...

3位.菓子パン類

これも甘いから糖質高そうですよね。栄養も一切なさそうというか。
添加物も多いでしょうし。脂質も結構ありそうな。。。
おやつに食べるくらいなら良さそうですが...

4位.ジュース類

コーラは単独で「10位」だったそうです。

確かにジュースは砂糖まみれですからね...

我が家では、果物は身体に良いので、果汁100%ジュースのみはダイエット中はOKとしています。

また、医師によると以下の理由もあるそうです。
「食事に伴う満足感や満腹感は、よく噛んで食べることで得られます。だから飲み物では、満足感が得られにくい。際限なく飲むことができてしまい、糖分過多になるのです。噛んで食べ応えのあるフランスパンに比べて、軟らかい菓子パンをついつい食べすぎてしまうのも同じ理由です」

ちなみにコーラ500mlの炭水化物(糖質+食物繊維)は56.5gあり、白米茶碗1杯(150g)は55.7gあるそうです。
コーラたった1本飲むだけで白米と同じ糖質なのはかなりヤバい。

かといって「ゼロカロリー」系が良いかと言えばそうではないです。

我が家では「ゼロカロリー」系に含まれている人工甘味料は禁止にしています。
身体に悪影響があるという話を聞いたことがあるからなのですが、この記事内でも以下のような調査結果があるそうです。
「ゼロカロリー飲料には、人工甘味料がたっぷり含まれています。フランスの研究者らによる14年間に及ぶ大規模な追跡調査によれば、砂糖入り飲料でもダイエット飲料でも、ともに糖尿病リスクが増えましたが、驚くべきことに、ダイエット飲料を1週間に1.5リットル飲んでいる人たちは、砂糖入り飲料を1.5リットル飲んでいる人たちよりも59%も糖尿病のリスクが増えていたのです。その理由の1つは、人工甘味料が腸内細菌に作用して代謝異常を起こすことだと考えられます。人工甘味料を与えたラットは、腸内細菌、特に善玉菌が減ると報告されています」

6位.ウインナーソーセージ

5位は載ってなかったので、6位です。
これは着色料が関係しているらしく、タール系色素というものらしいです。
着色料は身体に悪いということですね。
海外によっては禁止されている着色料もあるそうです。


そういえば今日、病院で血液検査の結果を受け取ったら、中性脂肪と悪玉コレステロールが激増していました...


ダイエット中は中性脂肪は適正値で、ダイエット終わって間もないくらいの血液検査だったのですが、中性脂肪が一気に増えたのは謎です...


コレステロールは元から高いのですが、太ってもないのに中性脂肪が高かったので、もうちょっと食事にも気を使うかと考えながら、お医者さんに相談しながら気を払いたいと思います。


--------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してみました。
情報の展開や共有ができたらいいなと思います。
良かったらクリックしてみてください。
     にほんブログ村 ダイエットブログへ
ダイエットランキング   にほんブログ村
--------------------------------------------------------------------------------

↑このページのトップヘ