在宅SEの夫婦でダイエットブログ

アラサーの在宅SEが夫婦で無理のないダイエットに挑戦。

Twitterもしています。 良かったら見に来てください。

こんにちは。

kken(@kken_0525)です。

以下が今日の夫婦の体重です。
妻の体重が一気に減ったみたいです!スモールゴール(54.3kg)も近い...あと500gくらい。

IMG_20210219_082402

1613689730918


昨日は疲れすぎてブログ書く体力がなかったので、今日は昼に書きます。

今日は「来談者中心療法」において、カウンセリングの技法及びカウンセラーの基本的態度について学びました。

この「来談者中心療法」において、考案者ロジャースは以下の4つの技法を重視していたそうです。
  1. 受容
  2. 再陳述
  3. 反射
  4. 明確化

1つ目の「受容」ですが、これは「あいづち」「うなずき」など、評価や批判をしないでひたすら相手の気持ちを受容する態度で聴くことです。

クライアント側すれば、まずは話を聞いてほしいですよね。


2つ目の「再陳述」ですが、これはクライアントの話の内容を正確かつ簡潔に伝え返すことです。

話をまとめて明確にするってことですかね。


3つ目の「反射」ですが、これはクライアントが今感じ表している感情をそのまま受け取り、鏡のように反射して再び戻すことです。

これも話を聞いて相手に寄り添うってことですかね。


4つ目の「明確化」ですが、クライアントが体験しているものの、はっきりと意識化されていない感情をカウンセラーが感じ取り言語化することです。

クライアントに気づきを与えることですかね。


また、考案者ロジャースは以下の3つの基本的態度を挙げているそうです。
  1. 純粋性
  2. 無条件の肯定
  3. 共感的理解

1つ目の「純粋性」ですが、カウンセラー自身が自己をごまかすことなく自己開示し、クライアントと接することです。


まずは相手に信用してもらうってことですよね。


2つ目の「無条件の肯定」ですが、先に述べた「受容」と同義です。
相手をかけがえのない独自の存在として尊重する態度で、カウンセラー自身がクライアントに対してあり方を望まないことです。

カウンセリングに来ている人をすぐ否定しちゃそりゃダメですよね。

3つ目の「共感的理解」ですが、クライアントの主観的な見方、感じ方、考え方を、その人のように見たり感じたり考えたりすることです。


カウンセラーはクライアントが「何と言っているか」ではなく「何を言いたいか」を理解できなければいけないからです。

結構この技法って、普段人と接するときにも使えそうな気がします。
今後の仕事で活かしたいなあと思います。


--------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してみました。
情報の展開や共有ができたらいいなと思います。
良かったらクリックしてみてください。
     にほんブログ村 ダイエットブログへ
ダイエットランキング   にほんブログ村
--------------------------------------------------------------------------------

こんばんは。

kken(@kken_0525)です。

以下が今日の夫婦の体重です。

なぜか妻の体重が一気に減りました!
着ている服も重い方みたいで、このままスモールゴールが見えてくるかも。

IMG_20210218_085322

1613603799656


そういえば、最近昼ごはんを準備するのも面倒なので、セブンイレブンの日替わり弁当を注文始めました。500円+税なので、割とお買い得でいいと思ってます。


さて、今日は「来談者中心療法」というカウンセリング技法について勉強を始めました。


今日は概念的な話ですが、今後自分の仕事でチームメンバと接するときの参考になるかもしれないと感じます。


まず、「来談者中心療法」ですが、これほロジャースが考案した「非指示的」なカウンセリングです。

ロジャースは、まず人には自らが成長するような方向、いわゆる自律的、独立的な方向へ向かおうとする傾向が備わっていると考えていました。 

なので、その人がもち得る治癒力を引き出すことを念頭に置いています。

そこで「自己概念」という考え方が出てきます。


①自己概念の不一致
自己概念(=自分が自分をどのようにみているか)は生まれつきでなく周囲の環境(親や社会)で評価されることで作られます。

例えば、「自分は何もできないやつ」と生まれながらに思う人はいないという理屈です。

人は自己概念によって自身を支えている部分があるため、それがポジティブでもネガティブでも簡単には変えられないとされています。
この自己概念の不一致により不適応や病理が生まれてくるとも考えられています。

②自己概念の一致
①で説明した「自己概念」のズレが大きいほど緊張が高まったり感じている感情が受け入れにくくなります。

この自己概念と一致しない状態から自己一致の状態を作っていくことが治療における最大の目標となります。

要するに現実に正面から向き合い、今までの自己概念を修正するということです。

人は簡単に変わらないし、ましては変えられないですよね。
「現状の自分を受け入れる」...だからメンタルのケアは難しいと思います。


--------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してみました。
情報の展開や共有ができたらいいなと思います。
良かったらクリックしてみてください。
     にほんブログ村 ダイエットブログへ
ダイエットランキング   にほんブログ村
--------------------------------------------------------------------------------

こんばんは。

kken(@kken_0525)です。

以下が今日の夫婦の体重です。

妻の今の仕事場は、周りが工場であるためか、ハイカロリーな食べ物が多いらしく食事に困っているそうです。

一応コンビニでも、サラダチキンやカニカマや豆腐がありそうなので、盛り盛りにして食べてほしい。

IMG_20210217_084857

1613572625240


今日は精神分析療法の最後です。
カウセリングでもこの療法はメインでないみたいなので、ようやく次から本題に入れそうです。

精神分析療法が派生した色々な療法があるみたいで、それらを記載します。
  1. 自己分析
  2. 児童精神分析
  3. 箱庭療法
  4. 交流分析

1つ目は、自己の成長を促し、自己実現することが目的の療法です。
エゴグラムもこれに近いんですかね?

カレン・ホーナイは、精神病の症状が自己の成長過程の中のつまづきとして現れるものであるため、症状が緩和した後も精神分析を続け自己洞察を深めていくことが必要であると考えたそうです。

2つ目は、遊戯療法(=子どもを対象に遊びをコミュニケーションや表現の手段として用いる療法)を用いて精神分析を行う心理療法です。
アンナ・フロイトは子どもは動機付けの手段が乏しく治療者との関係を深め辛いからと考えました。
一方でメラニー・クラインは子どもは自我の機能はある程度あるが遊びそのものが無意識を表現すると考えたそうです。

3つ目は、遊戯療法から派生した療法で、砂の入った箱の中にミニチュアの玩具を用いて箱庭を作ることでカタルシス(=心の浄化)や自己の気づきを得る療法です。


4つ目は、エリック・バーンによって開発された、人と人との交流に関する理論と療法です。
他者との交流で過去の体験が今の行動にどのように影響しているのかに気づき、これからの自分を変えていく方法だそうです。

最後に、「精神分析療法」の位置付けですが、近年は心や意識の可視化や数値化ができるようになり人間の意識を正確に把握できるようになってきたことから、「来談者中心療法」や「認知行動療法」が主な療法となっているみたいです。


また、現在のうつ病は脳や神経の機能上の問題が原因であるため、無意識や過去の出来事の分析(=精神分析療法)があまり有効でなく精神分析療法は衰退しているそうです。

加えて、うつ病には認知行動療法が非常に効果的であると科学的に立証されたことも影響があるそうです。

そのため、次回からは「来談者中心療法」を勉強します。


--------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してみました。
情報の展開や共有ができたらいいなと思います。
良かったらクリックしてみてください。
     にほんブログ村 ダイエットブログへ
ダイエットランキング   にほんブログ村
--------------------------------------------------------------------------------

↑このページのトップヘ