おはようございます。

kken(@kken_0525)です。

以下が今日の体重です。

IMG_20200827_083508

IMG_20200827_083628

今日はストレスとダイエットの関係について書こうと思います。
ストレスって、多いと絶対にダイエットに悪影響だとは思うのですが、具体的にどう悪いのでしょうか?
ちょっと調べました。

まずはコルチゾール。ストレスホルモンと言われるみたいです。ストレスが溜まると増えてしまうらしく、このコルチゾールは脂肪の合成を促進させ、太りやすい体にしてしまうらしいです。
以下のサイトにもわかりやすく書いてます。


次にセロトニン。これは「幸せホルモン」などと呼ばれるやつですが、これは食欲を抑える効果があるらしく、不足すると食欲が増すということですね。
以下のサイトにさらっと書いてあったので載せておきます。


最近はコロナ禍の影響で、コロナ太りが流行っていますが、これはもちろん外に出れないことによる運動不足もあると思いますが、一番はストレスな気がします。
まだまだこの状況は続きそうなので、如何にしてストレスを解消していくかがダイエットを成功していくかの鍵かもしれません。

セロトニンについて言うと、必須で一番手軽なのは「朝日を浴びる」です。
朝起きて日光を浴びるのです。直射日光でなくてもよく、15〜30分くらいでいいらしいてす。
私も朝起きたらベランダに出てます。

また、適度な運動はストレス解消に役立ちます。ダイエットにも必要という意味では、運動をやらない理由はないってことですね。
今だと外に出る機会が少ないですが、自宅でも気軽にできる運動はたくさんあるので調べてみたらいいと思います。
私のブログでも少し紹介しています。
私の場合は踏み台昇降 or 座りながらエアロバイクですね。妻はフラフープです。仕事やテレビを見ながらできるのが良いですね。


次に睡眠です。寝不足はそもそも仕事のパフォーマンスにも影響しますし、寝不足は早死にするとも言われていますよね。

AmazonのCEOのジェフ・ベゾスは7〜8時間睡眠を取ってるようです。「睡眠は大事だ。より良く考えることができ、より充電ができ、気分も良くなる」と言ってるみたいです。Amazonのような世界的な企業のトップでもこれだけしっかり寝ているんですね。
Amazonはよく使うのでありがたい限りです。

以下のサイトにビル・ゲイツとかのことも書いてあります。
アメリカの某大統領は3時間しか寝てないらしいですね。それはそれで凄いですが、ショートスリーパーとかいう特殊能力者もいますからね。
ただ、寝不足はだめということです。

日本でいうとホリエモンも睡眠はしっかり取ってると言ってますね。ネットニュースとか書籍とかを読むと一日中動いてそうですが...

そのため、今の夫婦ダイエットもお互いのストレスをためないことを第一に意識してます。
上記の運動とか睡眠を守るのは当たり前として、趣味を持つことがストレス発散には良いと思うのですが、いかんせん趣味がない...これが一番の悩みかもしれません。
食べるのが好きな夫婦なので、今はそれができないんですよね。ハイキングし始めてるので、これが趣味になるといいのですが...

今日はこれくらいにしようと思います。
皆さんもお身体大事にしてください。

アントニオ猪木の名言の「元気があれば何でもできる」って本当に金言ですよね。全てにおいて最優先な気がします。

--------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してみました。
情報の展開や共有ができたらいいなと思います。
良かったらクリックしてみてください。
     にほんブログ村 ダイエットブログへ
ダイエットランキング   にほんブログ村
--------------------------------------------------------------------------------