こんにちは。

kken(@kken_0525)です。

以下が昨日の夫婦の体重です。
昨日は仕事で力尽きました。。。

IMG_20210226_081015

1614294364280


もうメンタルケア心理士の勉強もほぼ終わりに近づきました。
教科書はこれで一旦終わって、後は試験対策になりますね。


今日は心理カウンセリング総論として以下を勉強しました。
  1. 心理アセスメントの実施
  2. セッション頻度の変更
  3. ケーススタディ

3つ目ですが、1つ目のインテーク面接、2つ目のラポール(信頼感)の形成によって、クライアントの主訴が明らかになったら、次は心理アセスメントを実施します。

心理アセスメントとは、クライアントの問題を把握し、カウンセリングを受けるための動機や経緯、また、病歴や環境、生活態度、クライアント本人の性格などの情報を収集することなんですが、これによってクライアントの状態を正確に把握します。

例えば、クライアントの主訴がうつ病の診断基準に合致していた場合、メンタルケア心理士は診断はできませんが、「うつ病のようだ」と見立てはできるため、それに沿ってアセスメントを進めます。


心理検査の1つにBDI-II(ベック抑うつ質問票)というものがあるようで、それにより抑うつを数値化して評価できるみたいです。

その結果内容により、クライアントへの適切な介入について計画を立てます。


その後、連携している精神科医に薬物療法を実施してもらいつつ、認知行動療法などの指示的療法による介入が必要な場合に自身での対応が難しい場合、別の専門家(臨床心理士やメンタルケア心理専門士等)へ引き継ぐ必要もあります。


また、心理アセスメントは心理検査を一度実施しただけでは終わることはなくて、クライアントの精神状態への変化を正確に把握するために随時実施して状況に応じて対応方法を考えていきます。

4つ目ですが、3つ目での継続的な心理アセスメントによって、カウンセリングによる治療・支援がスムーズに進み、客観的な指標としてクライアントの精神状態が改善した場合、カウンセリングの頻度を減らしたり、連携先の精神科医と連携を取って処方する薬の量を減らすといった対応を取ります。

クライアントが寛解(精神疾患は再発する可能性を秘めているため、完治とか治癒といった表現は使いません)した場合、クライアントの了承を得てカウンセリングが終了します。


終了後しばらくはフォローアップ期間を設け、3ヶ月に一度ないしは半年に一度といった頻度でカウンセリングを実施して、その後の生活に支障がないかや症状の再発がないかを確認していきます。
クライアントが、専門家による介入がなくても日常生活を支障なく送れているようであれば、カウンセリングは完全終了となります。

一般的な心理カウンセリングの流れは以下の1~5のようになるそうです。
  1. インテーク面接
  2. 心理アセスメント
  3. カウンセリング(来談者中心療法+薬物療法)
  4. 指示的療法(認知行動療法+薬物療法)
  5. フォローアップ

最後に5つ目ですが、これは心理カウンセリングの勉強に置いて、実際の心理カウンセラーとのやり取りを参照にしながら適切な心理アセスメントや心理療法についての理解を深めることです。
どんな仕事でもこういう事案を元に学ぶということはよくあると思います。

自分の本職はSEですが、SEでも「過去にあったセキュリティ事故から学ぶ」みたいなケーススタディは良くあるので...

試験が終わる頃に妻のダイエットも終わるとキリがいいんですが...たぶん試験が先かな。


--------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してみました。
情報の展開や共有ができたらいいなと思います。
良かったらクリックしてみてください。
     にほんブログ村 ダイエットブログへ
ダイエットランキング   にほんブログ村
--------------------------------------------------------------------------------