在宅SEの夫婦でダイエットブログ

アラサーの在宅SEが夫婦で無理のないダイエットに挑戦。

Twitterもしています。 良かったら見に来てください。

タグ:エゴグラム

こんばんは。

kken(@kken_0525)です。

以下が昨日の夫婦の体重です。
※昨日投稿しようと思いましたが、疲れすぎて値寝落ちしてました。
一応昨日の体重を載せます。
IMG_20210205_085308

1612480547349


前にエゴグラムの結果を以下の記事で載せたのですが、そういえば「エゴグラムの結果が届いたら見てね」のDVDがあったのでそれを見て振り返りをしようと思います。
まず、私はメンタルケア心理士の教材の中にあったエゴグラムのテストを受けたのですが、一応無料でも以下のようなサイトがあったので、妻に実施してもらいました。
それを元にエゴグラムの解説をしていきたいと思います。
以下のサイトだと診断結果が出るものの、それに対してどうすればいいかまでは記載がないです。

ちなみに、このサイトには以下のような注意書きがあり、診断結果がかなり辛辣なので、実施する方は気をつけてください。

診断結果には、表現にきついところや差別的な言葉があります、気の弱い方、
人の意見に左右されやすい方、医療機関で治療を受けている方などの
ご利用をお控えください (^^ゞ
当サイトは医療関係者の開設したサイトではありません。

まず、妻のエゴグラムは以下です。
エゴグラム妻


私のエゴグラムは以下でした。
エゴグラム夫


ちなみに「エゴグラム」とは、和訳すると「自我のグラフ」という意味らしいです。

これを実施することで、自分がどんな性格かがわかるのですが、上記にあるようにエゴグラムでは「自分の中には6人の自分(特徴)」があって、それぞれに以下の特徴(パーソナリティ)があります。
※妻の場合は無料のサイトなのか、そのパーソナリティが5つしかないです。
  1. CP
  2. NP
  3. FC
  4. AC
  5. RC
  6. A

1.CP

「CP」は「批判的な親」というパーソナリティです。

その数値が高いと規律や価値観を守っていてしっかりしています。
しかし一方で、批判的で厳格過ぎるという傾向があります。

逆に数値が低い場合、厳しくなくおおらかで大雑把です。しかし一方でルーズで約束やルールを守れない傾向にあります。

妻の場合は中間くらいなので、特にどちらでもないことになります。
私の場合はCPは低めでした。なので、私は大雑把でルーズということになります。

2.NP

「NP」とは「保護的親」というパーソナリティです。

その数値が高いと優しくて思いやりがあります。しかし一方で、過保護で過干渉という傾向があります。
逆に数値が低い場合、人への関心があまりなく冷たい人と思われる傾向にあります。

妻は低い傾向にあるため、人への関心があまりなく冷たい人と思われているかもしれません。
私は高くも低くもないのでどちらでもないです。

3.FC

「FC」は「自然の子ども」というパーソナリティで、その数値が高いと明るくて自由で創造的です。

しかし一方では、わがままで自己中心的な傾向があります。
この値が高い人は人生を楽しんでいるようです。
逆に数値が低い場合、好奇心がなく主体的でなく、人生をあまり楽しんでいない傾向にあるようです。

妻は低い傾向にあるため、好奇心や主体性があまりないことになります。
私は高くも低くもないのでどちらでもないです。

4.AC

「AC」は「順応の子ども」というパーソナリティです。

その数値が高いと相手に気配り上手でコツコツとしたことが得意です。
しかし、一方では周りを気にし過ぎて自分自身を責める傾向にあります。

逆に数値が低い場合、周囲に気が付かずマイペースで無神経な傾向にあるようです。

妻は高い傾向にあるため、周りに気を配れる一方で、周りを気にし過ぎます。これは思いっきり当たっています。私は高くも低くもないのでどちらでもないです。

5.RC

「RC」は「反抗の子ども」というパーソナリティで、その数値が高いと自立的で根性があります。
しかし、一方では頑固者で反抗心が強い傾向にあります。

逆に数値が低い場合、おだやかで喧嘩をしません。また、見極めが早くあきらめが早いです。

妻のエゴグラムではこの数値は出ませんでした。
私の場合は低く出ました。確かに根性はありません!

6.A

「A」は「成人」というパーソナリティです。

その数値が高いと客観的で論理的です。仕事の能率が高く段取りが良いです。
しかし、一方では打算的で損得勘定が中心と思われる傾向にあります。

逆に数値が低い場合、行き当りばったりで無計画、感情に振り回される傾向にあります。

妻の場合は低くも高くもないのでどちらでもないです。
私の場合は高く出ました。どうやら客観的で論理的なようです。


これら6つのパーソナリティがあるのですが、エゴグラムではいちばん大事なのは「A」のようです。

「A」が他の5つのパーソナリティをコントロールし、それらの感情を客観的に判断するようです。
「A」より高いパーソナリティがある場合、そのパーソナリティを制御できない可能性があるため、そのパーソナリティに振り回されてしまうようです。

そのため、自分の人生を思い通りに進めるためには「A」を高めるのが一番良いみたいです。

「A」を高める(=鍛える)には、仕事で言うと「一日のやる事リストを作り、その中で優先順位を付けて進めるようにする」と「A」を高めるトレーニングにつながるようです。

ちなみに、私の場合は「RC」「CP」が低かったため、高めるには自分の意見を持って主張する、理不尽なことには思いっきり怒ってみるといった行動が必要なようです。

妻の場合は「AC」が「A」より高いため、周りを気にしないようにすること、要は、周りの人は自分(=妻)に関心なんか持っておらず周りの人は自分のことで精一杯だということを認識してもらうことでしょうか。

よく言い聞かせてはいるんですが、性格を変えるのは難しい…

そして、「A」を高めるためには仕事の進め方を上記のように優先順位を付けて工夫してもらうことですね。


次に、私の場合はOK図表という以下のグラフもあります。
自分がどういう立ち位置でどう人間関係を作っているかを示しています。
OK図表

これは「あなたはOK」「自分はOK」「あなたはOKでない」「自分はOKでない」の4つの軸に分かれており、正方形で表現されます。
「OK」というのは「受け入れる」ということです。
その中で「あなたはOK」「自分はOK」の面積が一番大きければOK、そうでなければ「あなたはOK」「自分はOK」の傾向に近づくようにする必要性があります。

私の場合は「あなたはOK」「自分はOK」の面積が一番大きいため、自分の意見も言えて相手の意見も受け入れられるということなので、大丈夫そうです。

しかし、正方形の1辺の長さは「27~32」が適正らしいのですが、私は「23」くらいで少し小さめです。
これは、他人へエネルギーをあまり使っていない傾向にちょっとあります。
逆に1辺の長さが大きいと他人にエネルギーを使いすぎるという結果になります。


最後に、この結果による数値に良い悪いというのは無くそして結果を受けてこの数値を変えることが可能ということです。

夫婦ともに良いところ、良くないところはあるので、日々精進していきたいと思います。


--------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してみました。
情報の展開や共有ができたらいいなと思います。
良かったらクリックしてみてください。
     にほんブログ村 ダイエットブログへ
ダイエットランキング   にほんブログ村
--------------------------------------------------------------------------------

こんばんは。

kken(@kken_0525)です。

以下が今日の夫婦の体重です。
妻は体重を測り忘れて出かけてしまったため、ない。。。

IMG_20210114_082158


今日はナシです。主役なのに。

昨年末くらいに、メンタルケア心理士の教材の中にあった「エゴグラムテスト」の結果が返ってきました。
これは元々、メンタルケア心理士で相手をカウンセリングする前に、まずは自分を知ろうというのがきっかけでした。


エゴグラム・OK図表と両方の結果から性格が診断されるみたいです。
エゴグラムとは以下のようです。
<https://www.human-skill.co.jp/service/tps/tps_ta.html>
TA(Transactional Analysis=交流分析)は精神分析の創始者・フロイトの流れをくむ、精神科医エリック・バーン博士によって開発された新しい臨床心理学

また、OK図表とは以下のようです。
自分、他人に対し肯定の姿勢をグラフに表したものをOK図表といいます。協調性、積極性、自信、安定度を計ることができ、対人関係の傾向が読みとれます

結果は以下だったのですが、私はこんな人間らしいです。

■エゴグラムとOK図表のスコア
エゴグラム・OK図表スコア


■エゴグラムの診断結果解説
エゴグラム解説


■OK図表の診断結果解説
OK図表解説


■エゴグラム・OK図表のグラフ
エゴグラム・OK図表グラフ


私はエゴグラムでは「A」(=アダルト)の値が突出して高いため、「冷静で客観的、計画性がある、意思決定できる」というポジティブな面がある一方で「打算的、クール、味気ない」といったネガティブな面があるみたいです。

エゴグラムの解説を見てみると、最近は仕事で周りの面倒を見ることが増えたため、それが反映されている感じがします。


また、OK図表では自分と他人へのOKの値が多いため、その場合だと、「自分と相手の両方を肯定し強調的、積極的で自信と安定感がある。良好な信頼関係がもてる」だそうです。

各々の値自体は結構小さいため、対人関係に使われる心理的エネルギーが少ないことを意味するそうです。
人でなく、物事や情報処理にエネルギーが流れ、黙々と1人で仕事をするタイプだそうです。
確かにモクモクとプログラム組んでる気がしますが...


仕事に関しては「接客」「営業」「看護師」「介護職」などが向いてるかもって書いてありましたが、絶対向いてないと思ってます(笑)
対人関係得意じゃないので。


ちなみに以下のサイトだとエゴグラムの診断テストを受けれるようですね!
やってみたらどうでしょうか。
自分を知るのは大事なことですね。

--------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してみました。
情報の展開や共有ができたらいいなと思います。
良かったらクリックしてみてください。
     にほんブログ村 ダイエットブログへ
ダイエットランキング   にほんブログ村
--------------------------------------------------------------------------------

↑このページのトップヘ